AIPACはこのような人々から継続的に寄付を受け取っています

イスラエルの未来に貢献する

AIPACクラブメンバーは、親イスラエル運動のバックボーンとなっています。

年間1,800ドル以上のご寄付をいただくことで、当団体が持続的な成功を収められるようご支援をいただいています。

クラブメンバーの献身とリーダーシップにより、私たちは米国とイスラエルの関係を前進させるために効果的に議会への関与、教育、ロビー活動を行い、

イスラエル活動家を特定し訓練し、600以上の大学および高校のキャンパスで何千人もの親イスラエル学生と共に活動することができます。


ワシントン

AIPACワシントンクラブは、年間1,800ドル以上の寄付をいただいているメンバーです。

ワシントンクラブ会員は、米国とイスラエルの最も重要な政策立案者を招いた特別イベントに参加し、独占的で詳細な電話会議に参加することができます。

ワシントンクラブ会員は、AIPAC政策会議においてクラブ限定の特別な特典やプログラムを受けることができます。


キャピトルクラブ

AIPACキャピトルクラブ会員は、年間3,600ドル以上の寄付を行っています。

キャピトルクラブ会員は、ワシントンクラブ会員の特典に加え、

AIPAC政策会議、地域イベント、その他の国内プログラムでの限定プログラムへのアクセスを通じて、

イスラエル活動を深めることができます。


上院クラブ

AIPAC Senate Clubのメンバーは、

年間1万ドル以上の寄付をしています。

キャピトルクラブ会員の特典に加え、上院クラブ会員はAIPAC政策会議において、議員との特別なリーダーシップレセプションに招待されるなど、さらなる特典を受けることができます。上院クラブ会員は、2年に1度の上院クラブイスラエル視察団に招待されます。


プレジデント・キャビネット

AIPAC President's Cabinetのメンバーは、年間25,000ドル以上を寄付しています。

AIPACのSenate Clubの会員としての特典に加え、President's Cabinetのメンバーは、

アメリカとイスラエルが直面する最も重要な外交政策問題について学ぶだけでなく、世界の隅々まで足を運び、自らその問題を探求しています。


議長会

AIPAC Chairman's Councilのメンバーは、

年間36,000ドル以上の寄付をしています。Chairman's Councilのメンバーは、

AIPACのPresident's Cabinetのメンバーとしての特典に加え、プライベートサイン会、ブリーフィング、

ニュースを作り我々の世界を形成している男女との写真撮影の機会などに参加することができます。


ミニャーン

AIPAC Minyanのメンバーは、

年間10万ドル以上の寄付をしています。Minyanのメンバーは、エリートサークルの一員として、世界各地で行われる特別なイベントや旅行の機会に参加することができます。Minyanの多くは、AIPACの慈善団体であるAmerican Israel Education Foundationを支援しています。


https://aipac.my.site.com/MYAIPAC/s/aipac-clubs

中学生にも分かる!アメリカの選挙を牛耳るAIPACとは?

アメリ中間選挙で話題を呼んだ、

スーパーPAC、エイパックとは?

その資金力を以って、

イスラエル候補を当選させて来ました。

AIPACは、議員への高度な情報提供と草の根レベルの働きかけ、

さらに資金力によって、最強のユダヤ・ロビーとなりました。

全連邦議員の70〜80%を屈従させるユダヤ・ロビー、AIPAC

ワシントンには、連邦議会と大統領府に影響力を持つ様々な圧力団体(ロビー)がひしめいています。

 


その中で、「最強のユダヤ・ロビー」と形容されるのが

アメリカ・イスラエル公共問題委員会」、通称、AIPACです。

ロビー番付において、しばしば第2位にランクインするほどで、

中東研究の重鎮ウィリアム・クアントも

「全連邦議員の70%〜80%は、AIPACが望むことなら何でも従う」と発言しています。

その実力の片鱗は、米製武器の購入を望む中東の新米国家(ヨルダン、トルコなど)が、
最初の交渉相手として、

国務省や連邦議員団ではなく、

AIPACにうかがいを立てる事実からも推察できます。

以下、続々とAIPACが推した親イスラエル議員を貼っていきます。


AIPACが力をつけた理由は、第1に、議員への情報提供能力を磨いたからです。

AIPAC職員の多くは、専門分野を持つ高度な情報分析者で、

議員が議会答弁の際に必要とする情報を調べあげ、期日までに提供してきたのです。

その結果、議員の間では必要な情報を得たい時にはAIPACに頼むのが習慣となりました。

さらに演説原稿や法案作成の手伝い、

議会戦術の助言さえ行なっているのです。

第2は、集金能力です。


AIPACの会員たちは、政治資金集めの募金活動家です。

集めた金は友好的議員、

とりわけイスラエルを支援する上で大きな権限を行使できる、
外交・軍事・歳入の各委員会に分属する議員に配分されます。

第3は政治的踏み絵と、草の根レベルの働きかけです。

AIPACは、議員がイスラエル関連の全ての争点に対して、

議場内でどのような投票行動をとってきたのか、その詳細な記録を作成し、

イスラエル度を得点化してきました。

全米に散らばる6万人の会員は、

草の根のロビイストとして得点表を携え、

議員のもとを訪れて「非友好的態度」を改めるように忠告してきたのです。

ユダヤ人の政治力を生み出す力の源泉には、

ユダヤ人社会が提供する莫大な政治資金、

ユダヤ・マネーの存在があります。

ユダヤ・マネーは、控えめに見積もっても、

民主党政治資金のおよそ60%、

歴史的に結び付きの弱かった共和党でも35%は超えています。

まさに、ユダヤ・マネーなくして選挙戦を戦い抜くことは困難なのです。

それゆえ、ユダヤ・マネーを得たいがために

歴代大統領や連邦議員たちは、

これまでイスラエルをえこひいきしてきたわけです。

一方、献金に励むユダヤの富豪たちは、

イスラエル擁護というユダヤ大義だけに突き動かされてきたわけではありません。

大口献金のご褒美として

大使などの名誉職へ任命して欲しい、

口利きをして自分のビジネスに便宜を図って欲しい、

そういう下心も当然あるのです。

献金のタイミングは、選挙戦の序盤に集中します。


自分が推す候補が、

早い段階で豊富な資金を集められたことをアピールできれば、


資金集めに苦慮する対立候補のもとに向かう

今後の献金の流れを絶つことができるからです。

結果として、ユダヤ・マネーは実際の金額以上にインパクトを持ち得るわけです。

また、資金の投入先は州や自治体の選挙ではなく、

自分たちにとって最も重要な大統領選と、

連邦議員選に集中しています。


これが、「ユダヤ・マネー、重点特化の戦術」です。

次に集金術ですが、イスラエルへの募金ネットワークと宗教上の慈善金集めのネットワークが、
同時に政治資金集めに活用されている点が、

ユダヤ人社会の強みといえるでしょう。

ユダヤ人社会において、

慈善金を同胞から組織的に集めることは、

祈り、学習と同様にユダヤ教で定められた掟であり、
集金網が昔から整備されていたのです。

 

 

文章は、2002年の「ユダヤ人の雑学」からなので、2022年は更に影響力のある団体になっている事は間違いなさそうですが、

ツイッターではAIPACについてのツィートはこのような扱いになるようです。

とはいえ、SNSを通じてイスラエルロビー団体の存在が周知されているのも事実

何よりも、当のAIPACが宣伝しているので、これは拡散しなくてはいけませんね!

 

中学生にも分かる!アメリカの選挙を牛耳るAIPACとは?

アメリ中間選挙で話題を呼んだ、

スーパーPAC、エイパックとは?

その資金力を武器に、親イスラエル候補を当選させて来ました。

AIPACは、議員への高度な情報提供と草の根レベルの働きかけ、さらに資金力によって、最強のユダヤ・ロビーとなりました。

 

全連邦議員の70〜80%を屈従させるユダヤ・ロビー、AIPAC

ワシントンには、連邦議会と大統領府に影響力を持つ様々な圧力団体(ロビー)がひしめいています。


その中で、「最強のユダヤ・ロビー」と形容されるのが

アメリカ・イスラエル公共問題委員会」、通称、AIPACです。

ロビー番付において、しばしば第2位にランクインするほどで、

中東研究の重鎮ウィリアム・クアントも

「全連邦議員の70%〜80%は、AIPACが望むことなら何でも従う」と発言しています。

その実力の片鱗は、米製武器の購入を望む中東の新米国家(ヨルダン、トルコなど)が、
最初の交渉相手として、

国務省や連邦議員団ではなく、

AIPACにうかがいを立てる事実からも推察できます。


AIPACが力をつけた理由は、第1に、議員への情報提供能力を磨いたからです。

AIPAC職員の多くは、専門分野を持つ高度な情報分析者で、

議員が議会答弁の際に必要とする情報を調べあげ、期日までに提供してきたのです。

その結果、議員の間では必要な情報を得たい時にはAIPACに頼むのが習慣となりました。

さらに演説原稿や法案作成の手伝い、

議会戦術の助言さえ行なっているのです。

第2は、集金能力です。


AIPACの会員たちは、政治資金集めの募金活動家です。

集めた金は友好的議員、

とりわけイスラエルを支援する上で大きな権限を行使できる、
外交・軍事・歳入の各委員会に分属する議員に配分されます。

第3は政治的踏み絵と、草の根レベルの働きかけです。

AIPACは、議員がイスラエル関連の全ての争点に対して、

議場内でどのような投票行動をとってきたのか、その詳細な記録を作成し、

イスラエル度を得点化してきました。

全米に散らばる6万人の会員は、

草の根のロビイストとして得点表を携え、

議員のもとを訪れて「非友好的態度」を改めるように忠告してきたのです。

ユダヤ人の政治力を生み出す力の源泉には、

ユダヤ人社会が提供する莫大な政治資金、

ユダヤ・マネーの存在があります。

ユダヤ・マネーは、控えめに見積もっても、

民主党政治資金のおよそ60%、

歴史的に結び付きの弱かった共和党でも35%は超えています。

まさに、ユダヤ・マネーなくして選挙戦を戦い抜くことは困難なのです。

それゆえ、ユダヤ・マネーを得たいがために

歴代大統領や連邦議員たちは、

これまでイスラエルをえこひいきしてきたわけです。

一方、献金に励むユダヤの富豪たちは、

イスラエル擁護というユダヤ大義だけに突き動かされてきたわけではありません。

大口献金のご褒美として

大使などの名誉職へ任命して欲しい、

口利きをして自分のビジネスに便宜を図って欲しい、

そういう下心も当然あるのです。

献金のタイミングは、選挙戦の序盤に集中します。


自分が推す候補が、

早い段階で豊富な資金を集められたことをアピールできれば、


資金集めに苦慮する対立候補のもとに向かう

今後の献金の流れを絶つことができるからです。

結果として、ユダヤ・マネーは実際の金額以上にインパクトを持ち得るわけです。

また、資金の投入先は州や自治体の選挙ではなく、

自分たちにとって最も重要な大統領選と、

連邦議員選に集中しています。


これが、「ユダヤ・マネー、重点特化の戦術」です。

次に集金術ですが、イスラエルへの募金ネットワークと宗教上の慈善金集めのネットワークが、
同時に政治資金集めに活用されている点が、

ユダヤ人社会の強みといえるでしょう。

ユダヤ人社会において、

慈善金を同胞から組織的に集めることは、

祈り、学習と同様にユダヤ教で定められた掟であり、
集金網が昔から整備されていたのです。

 

 

文章は、2002年の「ユダヤ人の雑学」からなので、2022年は更に影響力のある団体になっている事は間違いなさそうですが、

ツイッターではAIPACについてのツィートはこのような扱いになるようです。

とはいえ、SNSを通じてイスラエルロビー団体の存在が周知されているのも事実

何よりも、当のAIPACがしっかり宣伝しているので、これは拡散しなくてはいけませんね!

何十年もの間、フェレス・ドクトリンは、訓練の失敗や医療過誤、性的暴行に関する訴訟から軍を遠ざけてきた。

この最高裁判決は、軍隊が兵士に危害を加えた場合の説明責任を回避するのに役立ちます。それが間もなく変わるかもしれない。

by sonner kehrt, the war horse|2022年10月6日 14時30分公開

1950年の最高裁判決により、米軍は医療過誤、訓練事故、性的暴行に関する訴訟を何十年もの間、事実上免除されてきた。(テディ・ウェイド二等軍曹/米陸軍)

この記事は、軍務について一般の人々を教育する、受賞歴のある非営利のニュース組織、The War Horseに掲載されたものです。

カリフォルニアのセントラルバレーにある自宅から、ロサンゼルスの南にある海兵隊のキャンプ・ペンドルトンまで9時間のドライブの途中、ピーター・ウィーン夫妻は息子に何が起きたのか不思議に思っていた。
ただ、訓練中の事故であることだけは分かっていた。22歳の息子、クリストファー・グネムが巻き込まれたのだ。

ネム君は3年半前に海軍に入隊していた。
衛生兵としての訓練を受けた後、海兵隊のライフルチームと行動を共にするようになった。

「彼はリングサイドに行くことを選んだのです」とウィーンは言う。
アメリカ国内にとどまり、病院で働くこともできたはずです。彼は、そのような訓練を受ける必要はなかったのです」

その訓練は、サンディエゴの西にあるサンクレメンテ島で行われていた。
海兵隊員と海軍の衛生兵のチームは、来るべき派遣に備えて水陸両用車の操縦を練習していた。
キャンプ・ペンドルトンに到着したウィーンは、グネムのAAVが水に浸かっていることを知った。
そのAAVは、8人の隊員を乗せたまま海底に沈んでしまった。
その中にグネムの姿もあった。

海兵隊は、息子が襲撃車の中で死亡し、海で行方不明になっていないことを確認する間、ウィーンさんと彼の妻は数週間キャンプ・ペンドルトンに留まった。
その後、海兵隊は特殊な機材を持ち込み、海面から400フィート(約153メートル)下に沈んでいたAAVと中の遺体を回収した。

当初、ウィーン夫妻は、ただの不幸な事故だと考えていた。
しかし、噂を耳にするようになった。

「40年前の車両は、何年も前に撤去されたはずだという話を聞き始めたんです」とヴィエンナさんは言う。
「少しずつ、いろいろな話を聞くようになったんです。何かがおかしいとは思っていましたが、それがどこまで深いのかはわかりませんでした。"

海軍は、訓練、装備、準備、プロトコル、リーダーシップに広範な欠陥があるとして報告書を発表し、7カ月後にグネムさんの死につながった失敗の程度を知ることになった。
その日使用された数十年前のAAVは、後に複数の機械的欠陥があることが判明した。現場には安全艇がなかった。

ネムは外洋での訓練に先立ち行われるべき基礎水泳の資格を取得しておらず、彼の車に乗っていた13人のうち2人だけが、必要な水中脱出訓練を完全に終えていた。

太平洋海兵隊を統括する将軍は、「結局のところ、この悲劇的な事故は防ぐことができた」と書いている。

 

2020年8月21日、カリフォルニア州海兵隊基地キャンプ・ペンドルトンでの追悼式で、カリフォルニア州ストックトン海軍病院兵3等兵(艦隊海兵隊)クリストファー・グネム(22)の遺影を手にする第15海兵隊上陸部隊1/4隊の米海兵隊員。(Cpl. Jennessa Davey/U.S. Marine Corps.)

ウィーンさんと、その日亡くなった海兵隊の他の数人の遺族は、突撃車のメーカーを訴えた。
しかし、ウィーンさんは、息子の死に最も責任があると考える相手、つまり米国海兵隊を訴えることはできない。

フェレス・ドクトリン(Feres doctrine)と呼ばれる72年前の法理は、軍や政府を、任務中に負傷した軍人のために起こされる訴訟から守るものである。
何十年もの間、この原則は、訓練の失敗や医療過誤、性的暴行などに関する訴訟から軍を守ってきた。

「民事責任はない。だから、裁判もなければ、話を聞いてもらうチャンスもない。「本当の正義がないんです」

長年にわたり、裁判所はフェレス理論を支持し、拡大してきた。
軍人と擁護者たちは、フェレス理論は軍隊が責任を負い、軍隊をより安全に保つための変更を行うことを妨げていると言う。

しかし先月、第9巡回区控訴裁判所は、性的暴行を主張する民事訴訟において、政府のフェレス防衛策を否定する判決を下し、裁判官は暴行容疑は「考え得るあらゆる軍事的目的を促進する」ことはできないと書いた。

この判決は控訴することができるが、数十年にわたりフェレス原則に固執してきた裁判所とは一線を画すものである。

法律と軍事政策センターの創設者で南カリフォルニア大学の法学教授であるドワイト・スターリング氏は、「裁判所がフェレスを厳しく見つめ直し、その範囲を限定する必要があると言ったのは、久しぶりのことだ」と言う。

"なぜ、制服を着ているのに、制服を着ていない人よりも裁判を受ける権利が低いのでしょうか?"

「規律が損なわれる危険性がある」
ルドルフ・フェレス中尉は、このドクトリンの名前の由来となった人物で、第二次世界大戦から英雄として帰還した。
Dデーの日にノルマンディーにパラシュートで降下し、3つの青銅星章をつけて帰ってきた。

その2年後、彼はニューヨークのパイン・キャンプ(現在のフォート・ドラム)の兵舎を早朝の火災で焼き尽くし、命を落とした。

死者の妻たちは、ヒーターの故障したバラックで夫たちを寝かせたとして、政府を訴えた。
この裁判が却下されると、フェレスの妻は最高裁に上告した。

同じ頃、軍隊で手術の失敗をした兵士の裁判が2件あった。
1つは、民間外科医が男性の腹部から30インチほどの長さのタオルを引き抜いた事件である。
そのタオルには "Medical Department U.S. Army"(米陸軍医療部)のスタンプが押されていた。
どちらのケースも、軍医に過失があったと主張している。

1946年、連邦不法行為請求法(Federal Tort Claims Act)が制定され、政府に対する過失や不正行為の訴訟への門戸が開かれた。

しかし、この法律では、戦闘に起因する請求は除外されている。

サウスウェスタン大学法学部の教授で、国立軍事司法研究所の代表を務めるレイチェル・ヴァランディンガム氏は、

「誤った意思決定に対して指揮官を訴えることを認めると、軍隊の指揮統制や規律が損なわれる恐れがある」と言う。

1950年、最高裁はこの3つの訴訟を統合し、その適用除外を平時にも拡大する判決を下した。

フェレス学説では、軍人は軍務中に被った過ちを政府や軍に対して請求することはできない。

ヴァンランディンガムは言う。
「彼らは、軍事活動の遂行中、あるいは『兵役に付随して』発生した活動や過失、訴因はすべて禁じられるという免除規定を作ったのです。
そして、"兵役に付随する "ということを定義していないのです」。

そのため、このフレーズの解釈は広範に及んでいる。

数十年にわたり、フェレス・ドクトリンは核実験やLSDの秘密実験にさらされた兵士、

医療過誤や性的暴行の被害者からの賠償請求から政府を保護してきた。

ケイティ・ブランチャードCPTは、2016年に同僚にガソリンをかけられて火をつけられた後、政府から損害賠償を取り戻すことができなかった。
彼女は、自分に対する彼の脅迫を司令部に詳しく説明し、彼との別離を求めたという。

2019年9月6日、テキサス州サンアントニオ・ラックランド統合基地のウィルフォードホール外来外科センターで、手術前に看護師と話す退役陸軍少佐ケイティ・ブランチャードさん。
ブランチャードが脅迫していると報告していた同僚が、彼女にガソリンをかけて火をつけた。

 

ブランチャードはフェレス・ドクトリンにより、政府から損害賠償を受けることができなかった。(Tech. Sgt. Katherine Spessa/U.S. Air Force.)

ひとつ、大きな変化があった。

長年のロビー活動を経て、2019年、議会は変更に合意した。2020年の国防権限法には、軍人が政府を訴えるのではなく、

軍医による医療過誤の結果、負傷または死亡した場合に請求を行うことを認める条項が盛り込まれたのだ。

この法案は、ステイサルさんのステージIVの肺がんがフォートブラッグの医師によって肺炎と誤診されたことから、リチャード・ステイサル一等軍曹軍事医療説明責任法案と呼ばれるものである。
民間の医師がガンを発見した時には、ガンは他の臓器に転移していたのである。
しかし、この新しいプロセスは官僚主義に陥っており、ステイサル本人も含めてほとんど誰も支払いを受けていない、と擁護者たちは言う。

「彼の職務が性的暴行を必要としていたとは考えられない」

 

2019年4月、現在退職したキャサリン・スレトストーザー大佐は、ドナルド・トランプ大統領が統合参謀本部副議長に指名したばかりのジョン・ハイテン元帥が、

米戦略軍で一緒に働いている間にセクハラや暴行を受けたと空軍に苦情を申し立てた。

空軍の調査では、ハイテンを起訴するには証拠が不十分であることが判明したが、有罪か無罪かの判断は下されなかった。調査後、スレトストーザーはハイテンを訴えたが、ハイテンはこの疑惑を否定している。

政府はフェレスに基づいて訴えの棄却を求めた。しかし、2020年10月、カリフォルニア州中部地裁は、スレトストーザーを支持する判決を下した。
訴訟の中でスレトストーザーは、2人が一緒に旅行しているときにハイテンが彼女に暴行を加えたとされる事件について述べている。

裁判所は、スレトストーザーが民間のホテルの部屋で寝る準備をしようとしたときに起きたというこの事件は、"軍務に付随するもの "とは見なされないと判断したのです。

 

「ハイテン将軍が仕事上の目的を装って原告のホテルの部屋に来たかどうかにかかわらず、彼の軍事的任務が原告への性的暴行を必要とするとは考えられないし、そのような暴行が考えられる軍事的目的を推進するとは考えられない」と、裁判所は書いています。

先月、第9巡回区控訴裁判所は下級審の判決を支持した。
これは、先月の判決を下した3人の裁判官によるパネルではなく、連邦議会全体がこの事件を検討することを意味する、とヴァンランディンガム氏は言う。

しかし、フェレスの改革を唱える人々は、この判決を重要な節目ととらえている。


"軍は今や世界最大の雇用主であり、フェレスは基本的に軍人の訴訟を完全に禁止するものとして扱われてきた "

と、軍の性的暴行被害者の支援活動を行うコンバット・セクシュアリー・アサルトの事務局長、リンゼイ・ナップは言う。

"これは大変なことだと思います"

 

第31海兵遠征隊所属の突撃型水陸両用車が水陸両用強襲揚陸艦USSワスプのウェルデッキに入る。(ショーン・ガルブレス3等兵/米海軍)

 

ハイテンの弁護士は、最高裁に上告することも可能だが、裁判所が審理に応じるかどうかは不明だ。
もしそうしなければ、スレッドストーザーの訴訟は続行できる。

最高裁がこの訴訟を受理したとしても、この判決は政府の立場を不愉快なものにする、とナップは言う。

「軍は、性的暴行は基本的に軍務の一部であると主張していました」とナップ氏は言う。


昨年、最高裁は、Jane Doeが士官候補生時代に性的暴行を許す環境を作り出したとしてウェストポイントとその指導部を訴えた事件の審理を拒否しました。

第2巡回控訴裁は、彼女の訴えはフェレスによって禁じられるとし、最高裁はその判決を維持した。

しかし、Clarence Thomas判事は、最高裁判所がフェレスを再検討する時期が来たと主張し、反対意見を述べた。

「我々の判例では、ペンタゴンの職員2人(民間人と軍属)がペンタゴンの駐車場でバスに轢かれて訴えた場合、民間人だけが本案で争う機会を与えられるかもしれない」と、トーマス判事は書いている。
「フェレスの判決は間違っている。」

ナップは、第9巡回区や他の場所でも同様の訴訟を起こしてくれる弁護士を募り、法的潮流を変えようとしている。

しかし、もしFeresを覆す、あるいは後退させるのであれば、裁判所ではなく、医療過誤の場合と同様に、議会を通じて行うのが最も明確な手段であると、彼女や他の人々は考えている。

「フェレス・ドクトリンを終わらせる究極の方法は、議会による決定だ」とスターリングは言う。

スターリングは、スプリットストーザーの暴行容疑が兵役の一部であったという政府の主張は、この原則がどのように使われてきたかを明らかにする機会であると見ている。

「フェレスやそれがもたらす害、特に性的暴行の分野にもっと注目が集まることで、議会がこの教義を持つ理由やそれが軍人にもたらす害を再考してくれることを期待しています」

最近の判決は、2020年にキャンプ・ペンドルトンで死亡した海兵隊の遺族を直接助けるものではありません。
スターリングは、ウィーンや他の人たちにこのニュースを伝えなければならなかった。

"彼らはちょっと心を痛めていた "と彼は言う。

しかし、ウィーンさんは、息子のために正義を追求することを妨げていると彼が見ている教義に注意を喚起するいかなる判決も重要であると言う。


"軍隊ではこのような保護があるため説明責任がない "と彼は言うが、

今回の判決は "鎧の欠片 "だ。

このWar Horseの特集は、Sonner Kehrtが報告し、Kelly Kennedyが編集し、Ben Kalinが事実確認を行い、Mitchell Hansen-Dewarがコピー編集を行ったものです。見出しはAbbie Bennettが担当しました。


https://thewarhorse.org/feres-doctrine-ruling-could-open-military-justice-lawsuits/

米国でのボタンのクリックからテヘランの路上での暴力まで、イランにおける最新の抗議行動は外部から操作され、誘発されている。

アメリカ・ペンタゴンのイランに対するオンライン戦争を読み解く

2022.10.01

テヘラン警察署で待機していた22歳のマーサ・アミニさんが殺害された事件に対するイランの市民運動は、
正当な不満に根ざしているものの、欧米が支援する秘密戦争の特徴を持ち、複数の戦線にまたがっている。

西アジア北アフリカ、南・中央アジアにおけるアメリカの軍事行動を統括する中央司令部(CENTCOM)が運営する多数のボットやトロールのアカウントが暴露され、
その後、主要なソーシャルネットワークやオンラインスペースで禁止されたため、
ワシントンポスト紙は、抗議運動が発生したわずか数日後に、
国防省がすべてのオンラインサイオップの取り組みの広範囲な監査を開始したことを明らかにしている。

これらのアカウントは、ソーシャルメディア調査会社 Graphika と Stanford Internet Observatory が共同で行った調査で摘発され、
「5年間にわたる親欧米の秘密影響工作」を評価したものです。

8月下旬に発表されたこの調査は、当時は英語での報道はほとんどありませんでしたが、
明らかに注目され、米国政府の最高レベルの懸念を引き起こし、今回の監査が行われることになったのです。

ワシントンポスト紙は、政府の怒りは、米国の「価値」と「道徳的優位」を損ないかねないCENTCOMのひどい操作的な活動に起因するとおかしなことを言っているが、
本当の問題はCENTCOMが暴露されたことであることは十分に明らかである。

CENTCOMの地理的範囲にはイランが含まれており、イスラム共和国が米国の重要な敵国であるという長年の地位を考えれば、
同部隊のオンライン偽情報と心理戦の取り組みのかなりの割合がイランに向けられていたことは、おそらく驚くにはあたらないでしょう。

米軍の心理作戦の専門家が採用した重要な戦略は、ペルシャ語でコンテンツを発信する偽のメディアを複数作ることです。
これらのプラットフォームには、TwitterFacebookInstagramYouTube、さらにはTelegramに至るまで、数多くのオンラインチャンネルが整備されています。

場合によっては、人工知能によって作成されたプロフィール写真とともに、これらのプラットフォーム上で多数の「フォロワー」を持つ偽のジャーナリストや評論家が出現することもあった。

例えば、Fahim Newsは、イランの出来事に関する「正確なニュースと情報」を提供すると主張し、「政権はあらゆる手段を使ってインターネットを検閲し、フィルタリングしている」と宣言する投稿を目立つように掲載し、その結果、読者にオンラインの情報源を確保するように促しています。

一方、Dariche Newsは「いかなるグループや組織にも属さない独立したウェブサイト」であるとし、国内外のイラン人に「検閲されていない公平なニュース」、

特に「イランと地域のあらゆる問題や課題におけるイスラム革命防衛隊の破壊的役割」についての情報を提供することに尽力していると主張しています。

それぞれのYouTubeチャンネルは、おそらくオーガニックコンテンツと間違われ、他のソーシャルネットワークで流行することを期待して、数多くの短編動画を配信していました。
研究者は、他のメディアがDariche Newsのコンテンツを記事に埋め込んだ例を1つ確認しました。

〈ボットやトロールの軍団〉

フェイクニュース組織の中には、オリジナルの素材を掲載しているものもあるが、その多くは、Radio FardaやVoice of America Farsiといった米国政府出資のプロパガンダ機関からのコンテンツを再利用したものであった。

また、サウジアラビアから直接資金提供を受けていると思われる、英国に拠点を置くIran Internationalの記事も再利用され、これらの報道機関に所属するいくつかの偽ペルソナも同様に共有されました。

これらのペルソナは、真正性を高めるために、イランの詩やペルシャ料理の写真など、非政治的なコンテンツを頻繁に投稿していました。
また、ツイッター上で本物のイラン人と関わり、インターネットのミームについて冗談を言い合うこともしばしばありました。

国防総省のボットやトロールは、認識に影響を与え、関与を高めようと、さまざまな語り口やアプローチを駆使した。
一部のボットは「強硬派」の見解を示し、イラン政府が国内では過度に改革的でリベラルでありながら、外交政策では十分にタカ派でないと批判しています。

また、2020年1月に米国の違法な無人機攻撃で殺害されたイスラム革命防衛隊(IRGC)の故カセム・ソレイマニ将軍を殉教者として賞賛し、ヒジャブの着用を奨励する「強硬派」アカウントもある。

研究者は、こうした取り組みの目的は不明だとしているが、明白な説明としては、国防総省が保守的なイラン人の間で反政府的な不満を醸成しようとし、一方で地元の「過激派」のリストを作成してオンラインで監視していたことが挙げられるという。

〈組織的な反対運動〉

しかし、ペンタゴン関連のアカウントは、圧倒的にイラン政府とIRGCを酷評していた。ペンタゴンのボットや荒らしは、食糧や医薬品の不足をISISになぞらえ、
イラン人が抗議してスーパーマーケットを略奪する動画をパシュトー語、英語、ウルドゥー語でキャプションを付けて投稿したイラン政府のせいにしようとした。

より冷静な投稿では、テヘランが必要な食糧をレバノンヒズボラ運動に与えるために再分配していると批判し、また、停電のために同国のチェスチームが国際オンライントーナメントに敗れるなど、恥ずかしい出来事を強調するものもありました。

さらに、複数の偽ユーザーが、2020年1月にIRGCによって誤って撃墜されたウクライナ国際航空便を指して、「#Flight752の犠牲者のための正義」を求めると主張した。

「PS752」や「#PS752justice」といったハッシュタグを数百回使用し、イラン最高指導者アリ・カメネイ氏個人を非難しています。

2月のウクライナ戦争勃発後、これらのアカウントは、広く流行しているハッシュタグ
#No_To_Putinや#No_To_Warのペルシャ語版を使用しました。
別の調査によると、これらのハッシュタグは、親ウクライナのボットとトロールアカウントがTwitter上で圧倒的に多く拡散しているそうです。

これらのユーザーは、プーチンに対するハメネイ師の口撃を非難し、イランがモスクワに無人機を提供し、それが民間人の殺害に使われたと非難している。

また、イランがロシアと共謀すれば、テヘランは政治的・経済的に不利な影響を受けるという説を展開し、

ハメネイウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領を不愉快に比較するようなこともしています。

とあるアカウントは、こうツイートした。
一人は「イランをロシアに売り渡し、自国民の殺害を命じた」
もう一人は、「国民と一緒に戦闘服を着て、ロシアによるウクライナの植民地化を全力で阻止している」

〈散発的な怒り〉

また、近隣諸国におけるイランの地位を傷つけ、地域的な影響力を弱めることを意図した隠微な取り組みもあった。
その多くは、パニックと警告を広め、海外のイラン人に敵対的な環境を作り出すことに関係していたようである。

たとえば、アフガニスタンの視聴者を対象にしたアカウントでは、クドス部隊の隊員がタリバンへの反対勢力を鎮圧するためにジャーナリストを装ってカブールに潜入していると主張した。
また、米軍関連のウェブサイトから、イランに逃れた難民の死体が、臓器を失った状態で本国の家族のもとに戻されているという、根拠ゼロの記事も掲載された。

2021年末から2022年初めにかけて、この集団が流したもうひとつの有害な虚偽の物語は、IRGCがアフガン難民をシリアやイエメンで戦う民兵に参加させ、それを拒否した者は国外退去させられているというものであった。

イラク国防総省のサイバー戦士にとって特に関心の高い国で、バグダッドをはじめ世界中で、同国におけるIRGCの影響力を破壊的な病気として描写したミームが広く共有され、
イラク民兵や政府の一部はテヘランの有効な道具であり、西アジア全域でイランの帝国的な計画を推進すべく戦っているという内容であった。

民兵はまた、ロケット弾によるイラク人の殺害、水供給インフラの損傷による干ばつの発生、武器や燃料のイラクからシリアへの密輸、同国でのクリスタルメスの流行の煽りなどで非難されている。

ペンタゴンの別のアカウント群では、イエメンにおけるイランの関与に焦点を当て、サヌアのアンサラーラ率いるデファクト政府を批判するコンテンツを主要なソーシャルネットワークで公開し、人道支援の提供を意図的に妨げ、
テヘランヒズボラの疑う余地のない代理人として振る舞い、書店、ラジオ局、その他の文化機関を閉鎖したと非難している。

彼らの投稿のいくつかは、テヘランが地雷を供給した可能性があるとして、地雷による民間人の死亡をイランになすりつけている。

〈地固め〉

中米中央司令部の心理戦(サイウォー)のシナリオは、イランを巻き込んだ抗議行動と直接的な関連性を持っている。

あるボットや荒らしのグループは、女性の権利に特に力を入れていました。
このテーマに関するあるミームでは、宇宙飛行士と配偶者からの暴力的虐待の被害者の写真を対比させています。また、ヒジャブに対する抗議を促進するものもありました。

また、政府の腐敗や生活費の高騰も繰り返し強調され、特に食料や医薬品については、イランでの生産がIRGCによって管理されていることが、CENTCOMのネット工作員によって繰り返し強調された。

女性の権利、汚職、生活費(後者は米国の息苦しい制裁に直接起因する)はすべて、デモ参加者の主要な動機づけ要因であると述べている。

暴徒は、暴動現場から警察官を運ぶ救急車を破壊するなど、一般市民や当局を標的とした暴力や破壊行為を広く行っているが、その動機は人権問題であるとも主張している。

イランやその周辺での抗議活動が有機的で草の根的なものであるという指摘を、権威あるジャーナリストや専門家は陰謀論として退けてきた。

しかし、外国からの指示や後援があることは明らかである。特に、反ヒジャブ運動の中心人物であるマシ・アリネジャド氏は、
長年にわたってニューヨーク市のFBIの隠れ家からイラン人女性にスカーフを燃やす儀式をするよう勧め、その画像をオンラインで公開し、ソーシャルメディアや主流のニュース媒体を通じて世界中を駆け巡っているのである。

 

〈別の手段による政権交代戦争〉

アリネジャドの活動は、膨大な量の好意的で信頼できるメディア報道を生み出した。
しかし、草の根的で地元主導の抗議運動であるはずの彼女の目立つ役割が、外国の敵対的干渉と関連しているかどうかを問うジャーナリストや報道機関は一人もいない。

アリネジャドは元CIA長官のマイク・ポンペオと写真を撮り、2015年以降、米国連邦政府との契約で62万8000ドルという途方もない金額を受け取っているにもかかわらず、である。

これらの資金の多くは、ラジオ・フリー・ヨーロッパやボイス・オブ・アメリカなどのプロパガンダ・プラットフォームを監督する米国政府機関である放送委員会から流れており、後者は7年間、アリネジャドが前座を務めるペルシャ語の番組を制作してきた。

これらのソーシャルメディアへの投稿は、クリックベイトやバイラルフェイクニュースの時代には無害で信憑性があるように見えるかもしれないが、

集約して分析すると、強力で潜在的に危険な武器となり、ペンタゴン政権交代用兵器の一つであることが判明したのである。

 

(この記事で述べられた見解は、必ずしもThe Cradleの見解を反映したものではありません。)


キット・クラレンバーグ著

https://thecradle.co/Article/Analysis/16372

"ヒジャブと女性の権利"の裏側。イランでCIAが主導するアミニ暴動を推進する米国人エージェントに会う

最近のイラン史上最大のカラー革命の試みは、ワシントンに雇われた女性によって率いられている-そして、我々はその事実を知っている。


少数派ではあるが、ベールの着用義務に賛成しないイラン人女性もいる。

これは正当な不満であり、人類が権利を有する意見である。

そして、テヘラン銃口を向けた詐欺的な反ヒジャブ運動を主導している人々がいる。

 

マスーメ "マシ "アリネジャッド-ゴーミ
今日、イランで最大のカラー革命の試みに火をつけたワシントンのエージェント、

マシフ・アリネジャドを紹介しよう。

 

「私はこの運動を主導している」と、46歳のアリネジャド氏は土曜日にニューヨーカー誌に語った。「イランの体制は女性によって崩壊させられる。私はそう信じています"

FBIの隠れ家で活動しているアリネジャドは、過去10年間アメリカに住んでいて、

VOAペルシャアメリカのペルシャの声)のためにフルタイマーとして働いている。
この放送局は、アメリカ議会から全額出資された帝国のソフトパワー部門で、ワシントンの企業統治に有利になるように有害なシナリオを利用するために作られた放送管理委員会(BBG)が直接出資したプロパガンダ報道機関である。

 

「アリーネジャド氏の任務は極めて多岐にわたる。

マイク・ポンペオのような、西アジアを一掃するためなら何でもする世界で最も有能な戦争推進派の政治家と一緒に、居心地の良い写真を撮ることだ。」オルブライト

しかし、それだけではありません。2015年から2022年の間に、米国グローバルメディア局はアリーネジャドに62万8000ドル以上を支払い、
ベールを被った女性に嫌がらせをし、プロパガンダをまき散らし、自国に対する制裁強化を要求した(あまり愛国的な行為ではない)。

アリネジャドは自国を孤立させるためにメディアの力を尽くしており、

国際舞台での外交、経済、政治の特権をすべて禁止された亡国としようと試みている。

 

実際、帝国主義の擁護者であるアリネジャドは、暴力と嘘を扇動するためにCIAから多額の給与を受け取っているのだ。

アリネジャッドが悪用した最新のシナリオは、このようなものだ。

22歳のMahsa Aminiは、CCTVの映像の中で、ヒジャブの巻き方をめぐって女性警察官と口喧嘩をしています。
諍いがエスカレートすることもなく、女性は少女を残して立ち去ります。

 

その瞬間、少女は凍りつき、屈み込み、傍観者が駆け寄った椅子の上に倒れこんだ。
2006年に脳外科手術を受けていた少女は、心臓発作で昏睡状態に陥った。

2日後、死亡が発表され、欧米のタブロイド紙はイラン警察がアミニを殴り殺したと非難し、暴動に発展した。

政府に対する暴動を率いたと認めたのは、単なる声明に過ぎない。彼女のツイートは彼女の意図をさらに露呈している。あるツイートから次のツイートへの語りの転換は不可解である。

https://twitter.com/AlinejadMasih/status/1570402940489187328?s=20&t=w5NPC29lyd-WWXEBEKFIHw


アミニが心臓発作を起こした9月14日、アリネジャドは殴打や暴力について何も言及していない。彼女はツイッターでこう書いている。「アミニは道徳的な警察に逮捕された後、心臓発作を起こした。

9月15日、CIAの諜報員はレトリックを一段と強化した。
「この女性は道徳警察が残忍に逮捕したため、昏睡状態に陥っている」。
しかし、虐待、殴打、身体的暴力については言及されていません。

そのツイートとコメントの間に、アリーニジャッドが上司に媚びを売っている。

"アミニは道徳警察に殴られて 昏睡状態"

 


https://twitter.com/AlinejadMasih/status/1570453418631733249?s=20&t=EOUvkm8Z8l5LFSPa6cxQ0A


若い女性の死亡が発表された9月16日、アリネジャドは、彼女が沃野を拓いてきたハッシュタグを立ち上げた。
"#MahsaWasMurdered by the Islamic Republic's hijab police in Iran"(イラン・イスラム共和国ヒジャブ警察によって殺された)。

 


https://twitter.com/AlinejadMasih/status/1570806641142173697?s=20&t=zLM2qfiJt7iIWYT9ns7YDA


ワシントンの下僕たちも働いていた。警察がアミニを殴ったと最初に非難したのは、マジアール・バハリ氏が設立したIranWireであった。
バハリは反テヘラン派のイラン人亡命者で、イランで「違法なデモを取材」し「カラー革命の推進に貢献」したことを認めている。帝国の資産だ。

偽りのシナリオを広めた2番目のツイッター投稿は、CIAとモサドに機密情報を流したことで告発された二重スパイの亡命者ババク・タグヴァイーによるもので、
イスラエル・ハヨム、ペンタゴン調査報告、米国務省出資のラジオ自由アジア/ラジオリバティへの軍事貢献者であり、BBGからも給与を受け取っている。

数百の偽アカウントがソーシャルメディアでこの問題を取り上げ、このツイートは大きな勢いを得て、たちまち暴動を引き起こした。

 


群衆の中から鋭利な武器や爆発物を持ったテロリスト集団が発見・逮捕され、政府のせいにする目的で殺人が行われ、暴徒は銀行など無関係の国家機関を焼き、大混乱に陥ったのです。

MEKは、2014年に上場廃止になるまで、つまりアリーネジャドが米国に渡った年に、米国ではテロ組織として扱われてきたことを念頭に置いている。今、タブロイドは「自由を愛するイラン人」とMEKの支持者や組織者を対にしている。

米国は長い間、メディアのプロパガンダや制裁を通じて、イラン国民を自国政府に対して動員しようとしてきた。この混乱はアリネジャドにとって夢のようなことであり、数十年以上にわたる仕事の副産物である。

国務省に送られた2009年のウィキリークス公電には、不満げなアリネジャドが、ワシントンの計画と利益を阻害する「改革派間のまとまりのなさ」を訴えていることが記されている。

グローバルメディア、ヒラリー・クリントン、体制転換を図るソロス氏のオープン・ソサエティ財団、NEDはすべて同時にこのキャンペーンに賛同し、イランの女性たちのためにワニの涙を流している。

 

これらの団体は、米国を含む世界中の女性に対する最も残酷で家父長制的な政策を映し出し、可能にし、資金を提供してきたことに留意してほしい。

パレスチナ、イエメン、イラクリビア、シリアの女性は、米国が爆撃を行ったり、石器時代に逆戻りするような兵器に資金を提供したりしたとき、全く顧みられなかった。

アメリカは、今日、西アジアで最も抑圧的な存在である「イスラエル」に資金を提供している。その体制は、人種差別、レイプ、根こそぎ奪取を基本としている。

アリーネジャド首相が、イランに対して「効果があると信じて」繰り返し要求している制裁は言うまでもない。

制裁は多くのイラン人女性のライフスタイルに影響を与え、衛生を保つ権利、子どものための質の高い栄養と健康の確保、健康的な生活のための資源の活用を妨げているのです。
フェミニストらしくないでしょう?

ヒジャブは民主的に投票され、正統化された法律である。
おそらく、ビッグ・メディアによる自由の乱用は、私たちが調査するためのスペースを残していないのだろう。
事実は、効果的に伝達されれば、怒れる大衆の最大の鎮静剤となる。
1979年にパーレビ国王が倒された後、革命指導者ホメイニ師は、イランがイスラム憲法によって統治されることを主張するかどうかを投票する国民投票を実施した。

その中で、イラン人女性はヒジャブ憲法に統合し、イラン人女性が望めばそれを撤回する権利を持つようになりました。
この法律は、イランの国民と女性たちによって作られた民主的な決定なのです。
それゆえ、この法律の正統性は損なわれていません。

この法律に対する国民の支持は、2014年の全国世論調査で、全国の全州からデータを集め、「イラン人女性にヒジャブを義務付けることに、たとえ賛成でなくとも賛成するか」という質問を実施し、あらためて示された。完全に同意する人は約19%、単純に同意する人は約35%、中立は約25%でした。

2021年、イランのアリ・モタハリ国会副議長は、抗議運動が再び高まったときに、ベールに関する国民投票を再度実施することを提案し、欧米が描くこの国の姿-聖職者による荒れ地の独裁-とは対照的に、この国が持つ民主的価値を示しました。


そこで、ここで疑問が生じます。
イラン人女性自身が国民投票やデモでヒジャブに賛成しているのに、何のために戦うのか?欧米とその盲目的な信奉者は、イラン人女性を自分たちから救いたいのだろうか。

エドワード・サイードオリエンタリズムに広く親しんでいる人々にとって、この投影はかなり恥ずかしいものになるかもしれません。

〈社会の浸透と混乱〉

2002年、イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ元首相は、ジョージ・ブッシュイラク侵攻を発表する直前に2時間半の会見を開き、

米国にイラン(とイラク、当然)の政権交代を煽るよう求め、国内の反帝国主義の社会構造を解体する方法について説明を提供した。

 

これは2021年の発言

 

彼の構想では、Fox Broadcastingが「Beverly Hills 90210」と「Melrose Place」をイラン人のテレビで放映することになる。

「これはかなり破壊的なものだ」と彼は言う。「イランの子供たちは、これらの番組で見た素敵な服を欲しがるだろう。プールや豪華なライフスタイルを求めるだろう。

現在のイランの暴動は、時間の止まった出来事ではなく、むしろアリネジャドやネタニヤフのような人々による長年の破壊工作の継続である。
この国の社会構造そのものが、1979年に欧米の強欲を一蹴したものであり、何世紀にもわたって培われた文化的豊かさと伝統に対する感謝の念に大きく支えられている。
この構造を変えるには、物質的な条件を変えなければならない。ヘドニズム、快楽、物質主義は、地域社会を事実上の奴隷にするために使われる道具箱の中の武器である。


ハリウッドは、自由の価値を再定義するための最良のツールの一つであることを証明している。
あまりに効果的なので、アラブのメディアでさえ、ベールの着用義務に大きく賛同するイラン人女性に西洋文化の投影を投げかけているのだ。

心は正しい方向に向かっているかもしれないが、正しい場所には向かっていない。
ソーシャルメディア上の活動家は、イラン人女性の「自律性」を(彼らの基準や条件に従って)、それが彼らの国家や社会の性質と一致しないかもしれないにかかわらず、擁護するようになったのである。

もし私たちが本当にイラン人女性を助け、支援したいと思うなら、まず私たちの文化的投影を意識化する必要がある。
に私たちは本当に彼女たちの闘いを支援しているのか、それとも彼女たちがどのように生きるべきかを語っているのか?

 

自国の文化に誇りを持ち、感情的になっている社会にとって、これほどまでに進歩した反帝国主義社会の構造そのものを解体しようとする政府出資のタブロイド紙に従うことが正義なのだろうか。

プロパガンダの霧がいつ晴れるのか、メディアが何百万人もの人々から集めた作り物の怒りから自由に物事を認識できるようになるのか、あまり予測はできません。


モナ・アイサ著
出典アルマヤディーン英語版
9月28日

https://english.almayadeen.net/news/politics/dirty-money:-meet-the-us-agent-driving-the-cia-led-riots-in

 

 

イスラエルのメディアは、起こってもいないパレスチナ人によるリンチを報道する

武装したイスラエル人入植者が農民のグループを襲い、30人のパレスチナ人に待ち伏せされたとメディアに報じた。実際に起きたことはこうだ。

月曜日、イスラエルのメディアは、占領下のヨルダン川西岸で、イスラエル人入植者が数十人のパレスチナ人に「リンチ」された疑いがあるとの報道で賑わった。

被害者とされるイタマール・コーエンは「羊飼い」で、南ヘブロン丘陵のマオン入植地の近くにいたが、約30人のパレスチナ人が彼を「待ち伏せ」し、頭蓋骨骨折で病院送りにしたとされる。

しかし、水曜日には、+972とLocal Callによる調査の結果、イスラエルの報道機関はその主張を撤回し始めた。

「リンチ」は行われていなかったのだ。

事件の最初から最後までを記録した23分間のビデオ(水曜夜までイスラエル国民に公開されていなかった)が、何が行われたかを正確に明らかにしているのである。

しかも、事件の発端は、近くの前哨基地から入植者が武装してパレスチナの私有地に降り立ち、そこで働いていたパレスチナ人に暴行を加えたことだったのである。

火曜日の夜、イスラエル警察に引き渡されたこの映像には、入植者の前哨基地であるハバト・マオンの方向から、パレスチナ人農民のグループに近づくコーエンの姿が映っています。

コーエンは覆面をし、金属パイプで武装しており、他の4人の入植者のグループ(1人はM-16ライフルで武装、もう1人も覆面で棒を持っていた)と一緒に到着した。

この攻撃の映像は以下からご覧いただけます。

https://twitter.com/yuval_abraham/status/1570109799014207488?s=46&t=SLtCwTZaax_rQILz8TZ29w

https://twitter.com/yuval_abraham/status/1570109799014207488/video/1

コーエンはパレスチナ人農民ハフェズ・フレイニの前でパイプを振り始め、
彼はそれに応えて、土地を耕すために使っていたシャベルを振りました。

ビデオでは、誰かが殴られる音が聞こえます。

カメラは衝撃の瞬間を捉えず、代わりに軍服に身を包み、M-16を持って空に向かって数回発砲したハバト・マオンの入植者をパンニングで捉えます。

この攻撃で、フレイニは両腕を骨折しました。

ある時点でコーエンが地面に倒れ、すぐに立ち上がる様子が映像に映し出されている。

パレスチナ人は警察に通報し、

その後、コーエンはマスクをしたまま、パイプを手にその場を立ち去りました。

10分後、Magen David Adomによると、緊急ホットラインに医療支援を求める電話が入ったという。

その後、フレイニは逮捕され、殺人未遂の罪で軍事法廷に提訴されるのを待っているところです。

《彼は私たちを守ってくれていた》

メディアは、約30人のパレスチナ人がコーエンを「リンチ」したという説明(匿名の治安当局者がジャーナリストに伝えた詳細)を流したが、
+972誌とLocal Callによる調査(ビデオの見直しを含む)は、これらの説明が誤りであることを示した。

金属パイプを振り回し始めたのがコーエンであることに加え、この対決は5人の入植者と数人のパレスチナ人農民の間で起こったもので、
「30人のパレスチナ人」ではない。

さらに、イスラエル軍と民政局が認めているように、この事件はすべてパレスチナの私有地で起こったのである。

その土地はA-Tuwani村の近くにあり、ハバト・マオンの前哨基地から約380メートル、マオン入植地から約180メートル離れている。

入植者がこの地域のパレスチナ人農民を襲撃したのは今回が初めてではなく、場所を選んだのは偶然ではない。

入植者自身が建設した前哨部隊のアクセス道路が、この土地のすぐそばを通っているのだ。

前哨部隊の覆面をした男たちは、何度もこの地域の地主たちを襲い、追い出している。

「父と私は、毎日のように土地を耕しに出かけました」と、フレイニの息子は言いました。
彼はこのイベントに参加していましたが、入植者と軍隊からの報復を恐れて匿名を希望しました。

"谷間でマスクをした2人の男が、隣の村の子どもたちが羊飼いをしている羊を追い払っているのを見た"。
ビデオは彼の証言を裏付けている。

「父に頼まれて、羊に危害が及ばないように連れて帰ってきたんだ。それで私は行きました」。

『戻ってみると,入植者たちが私たちのところに来ていました。彼らは腕に棒を持って父の周りに集まり、殴り始めた。赤毛の入植者も武器を発砲しました。』

『父は棒を持っていて、棒で自身を防御したのです。
誰かが武器を持ってやってきて空中で銃を撃ち、誰かが金属パイプで頭を打とうとしたときには、そうするのが人間らしい行動だ。
彼は私たちを守っていたのです。』

事件後、兵士と警察官の両方が現場に到着した。フレイニはレッドムーン社に電話し、救急車を派遣してもらった。

地元パレスチナ住民によると、武装した入植者の1人が救急車の到着時に進路をふさぎ、
その後、入植者は兵士の立会いのもと、救急車のタイヤに穴を開け、パレスチナ人私有地のオリーブの木を根こそぎ倒してしまったという。

(これは2018年の動画だが、パレスチナ人の育てているオリーブは常に入植者による被害に遭い続けている。)
https://twitter.com/AJEnglish/status/952926244764438528/video/1

(2020年)

https://twitter.com/falasteen47/status/1315688865450074113/video/1

《尋問、脅迫、そして冤罪》

その夜、3台の軍用ジープと国境警察がA-Tuwaniを急襲したときから、本当の悪夢が始まりました。

彼らは村の最初の家の前で停車し、兵士たちは催涙ガススタングレネードを無差別に投げつけました。
彼らはそのまま走り続け、何軒もの家に同じことをした。

子供も含め、車で移動していた家族がガスで窒息し始め、レッドムーン社に手当てを受けた。

村中の人々が叫び始め、家々の中から子供たちの泣き声が上がった。
スタングレネードの爆発の響きは1時間ほど続き、兵士たちは近くの民家の屋根に陣取った。

このような状況の中、+972は、村でのスタングレネード催涙ガスの大量使用について、イスラエル国防軍報道官に質問した。

報道官は、兵士は「ハバト・マオンの入植者襲撃の容疑者を捜索するために村に入った」のであり、投石するパレスチナ人を追い払うために暴動鎮圧手段を使ったのだと主張した。

その夜遅く、ジープを伴った兵士が再び村に踏み込んだ。彼らは次々と別の家に入り、村の隣で尋問を受けるために男性を連行した。


「兵士が玄関のドアを蹴破ったとき、私は部屋に座っていました」と、最初に家宅捜索を受けたリナド・フレイニさんは言いました。
「彼らは部屋から部屋へと進み、すべてのドアを蹴破った。父はどこにいるのかと聞かれた。それから隣の家に入り、同じことをした。」

この村のもう一人の住人であるハニ・ラビは、「将校は私に、部下を全員集めるように言った」と言いました。

「彼らは、家々の立ち入り調査に同行するよう要求してきた。『村長を出せ、連れてこい』と言われたんです。」

彼によると、こうして兵士たちは約20人の男性を集め、一人ずつ村の隣の野原にいるシン・ベットの将校に会わせたという。
軍は+972に、この「野外尋問」が実際に行われたことを確認した。

スタングレネードやガスを使った後で、皆を怖がらせるためのものだった」とハニ・ラビは言った。

「シン・ベットの捜査官は 
"お前はいつもモスクにいて、暴力を煽っている "と言いました。
彼は事件の時どこにいたのかと尋ねたので、私は家族と一緒に家にいたと言った。すると彼は私を解放したのです」

尋問を受けた別の住民は、報復を恐れて匿名を求めたが、シン・ベット捜査官は彼に
「鉄拳でお前の村を取り締まる。お前がしたこと以上に、今までに見たことのないものを見ることになるだろう。」と告げたという。
「私はA-Tuwaniに一人も残さない」と言いました。

彼によると、シンベット諜報員は彼を村の有力者と見ており、もしA-Tuwaniの住民が左翼活動家を彼の家に招いたら、諜報員は個人的に彼を逮捕すると告げたという。

「彼は、(B'Tselemの現地調査員)Nasser NawajaとRateb Jabour(壁抵抗委員会のコーディネーター)と同様に、イスラエル人の『無政府主義者』を村に受け入れることを気に留めるようにはっきりと言った 」とその住人は言った。

彼は、彼らが「混乱を起こしに来た」と言い、彼らが問題の原因であると言いました。

さらに代理人は、A-Tuwaniの住民は 
「お前達がここにいることで損をするのはお前たちだ 」と脅した。

住民は、イスラエル治安部隊が襲撃を許した覆面入植者たちこそ、問題の原因だと言い返した。

【リンチ】という誤った主張を広めるだけでなく、一部の入植者メディアや政治家は、
アナキスト」や「平和活動家」(羊飼いに同行して入植者の暴力事件を記録するイスラエル人や外国人)がいわゆるリンチと関係があり、
"計画的待ち伏せ "に参加したというシナリオも採用しました。

ヘブロン山地域評議会を率いるヨカイ・ダマリは、火曜日に自身のフェイスブックに、

「攻撃の間中、『平和活動家』はユダヤ人の兄弟を助けるために指一本動かすことなく座って起きていることを記録していた・・・
私はすべての治安部隊、警察と連絡を取り、挑発者と扇動者をこの地域から排除するよう要求している」と書き込んだ。

しかし、ビデオ映像は、覆面をした入植者がパレスチナ人と対峙している間、イスラエルの左翼活動家が一人もその場にいなかったことをはっきりと示している。
イスラエルの活動家が現場に到着したのは、コーエンがすでに立ち去った後だった。

この叙述は偶然ではない。
占領地では、扇動者は法律から守られ、暴力を記録し体験する者は犯罪者とみなされる。

偽りの現実を作り出す必要性は、イスラエル人が軍事政権下で毎日パレスチナ人に対して行われる残忍な暴力を正当化する方法の一つである。

シン・ベット、警察、そして軍隊は、この暴力の代理人として、暴力に全面的に加担している。
残念ながら、メディアも同様である。


この記事は、Local Callとの提携により
Local Callにヘブライ語で掲載されたものです。


バジル・アドラ(南ヘブロン丘陵のア・トゥワニ村出身の活動家、ジャーナリスト、写真家です。)
Yuval Abraham ユヴァル・アブラハム
(ユヴァル・アブラハムは、エルサレムを拠点とするジャーナリスト兼活動家です。)

https://www.972mag.com/israeli-media-lynching-palestinians/